読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルねこすたーに。

アルパカとねこすけとハムスターと犬です。

伊豆大島2日目、その4

お出かけ

今回はバームクーヘン地層、波浮港、文学の道、貝がら資料館、ご飯に温泉のお話。

まず、バームクーヘン地層から。 波浮港へ向かう途中に壮大な地層が目の前に広がりました。 有名なバームクーヘン地層です。 本当にバームクーヘンのようにうすーく折り重なっていて、きれいでした。 カーブ3つ分くらいこの地層が続いているのも圧巻です。

f:id:akie1000:20150221223503j:plain

f:id:akie1000:20150221223516j:plain

f:id:akie1000:20150221223451j:plain 地層から海を見渡してみる

まず、波浮港に着いてみるとお店などはなく、本当に漁港!という感じの場所で観光地なのか…?と不安になりました。 この漁港は昔は船がひしめくほどの漁港だったそうです。 周辺では、昭和の匂いが残る町並みや伊豆の踊子のモデルなどがあります。

f:id:akie1000:20150221223250j:plain

f:id:akie1000:20150221223544j:plain

f:id:akie1000:20150221223606j:plain 海水が驚くほど透明

生まれてもいないのに、昭和の町並みを見ると懐かしい感じがします。 まだ住んでいる人、商いをしている家もあります。

f:id:akie1000:20150221223640j:plain 昭和

文学の道はかなり階段を登ります。 途中で引き返そうか…と考えるほどですが、登ったところにご褒美が待っていたので、行ったかいがありました。

f:id:akie1000:20150221223824j:plain いざ、すすむ

f:id:akie1000:20150221224202j:plain

f:id:akie1000:20150221223944j:plain

f:id:akie1000:20150221223956j:plain 階段…

f:id:akie1000:20150221224242j:plain

登った先には休憩処が! たい焼き、たこ焼きの食べ歩き、中での休憩もできるようでした。 たい焼きを焼く小窓をじーっと見ている猫。 このお店はプレーンという珍しいメニューがあって、プレーンはその名の通り何も入ってないものらしいです。 これを買い求めてくる人もいるそうな。

f:id:akie1000:20150221224508j:plain

f:id:akie1000:20150221224525j:plain

f:id:akie1000:20150221224548j:plain

f:id:akie1000:20150221224601j:plain たい焼きの皮を見つめるねこ

f:id:akie1000:20150221224622j:plain もちもち

f:id:akie1000:20150221224638j:plain

f:id:akie1000:20150221224648j:plain 羽根つきであんこがぎっしり詰まったたい焼きでした。

食べたら、出発。 旅館の途中に貝の博物館があるというので、行ってみることにしました。 貝の博物館の入った施設は子どもの遊び場になっているようで、ロビーでゲームをしている数人の子どもがいました。 なんと、ボーリング場もあってゲームに飽きた子ども達は移動。 都内では考えられないリーズナブルさで、ちょっとやりたかったです。

f:id:akie1000:20150221224938j:plain

貝の博物館は1-2階にあります。 ショーケースにびっしり並んだ貝がら。何種類あるか数えられない上に、お米より小さい貝なども展示されてました。 2階の一室では貝に詳しい専門員のおじさんがいらっしゃって、貝について色んなことを教えてくれます。 貝について、驚くような話が聞けるので、面白かったです。

f:id:akie1000:20150221225002j:plain

f:id:akie1000:20150221225330j:plain

f:id:akie1000:20150221225341j:plain

f:id:akie1000:20150221225350j:plain 長年、貝と間違われていたセミエビ

f:id:akie1000:20150221225414j:plain 貝は子どもの頃から死ぬまでの年輪のようなものを残します。

f:id:akie1000:20150221225451j:plain 一番下の尖ってるところが、子ども時代でだんだん育っていきます。

f:id:akie1000:20150221225550j:plain

f:id:akie1000:20150221225559j:plain 人工ではなく、勝手に模様を作る種類

f:id:akie1000:20150221225625j:plain 愛嬌のある顔をしてます。

f:id:akie1000:20150221225641j:plain

f:id:akie1000:20150221225651j:plain

f:id:akie1000:20150221225702j:plain 遊んでみました。

f:id:akie1000:20150221225715j:plain 光を当てると貝の年輪がよく分かります。

時間は前後しますが、お昼ご飯は「雑魚や、きよう丸」へ。 団体さんの予約があったため、断られそうになりましたが、しばらく待てば入れるということで待たせてもらうことに。 待ってる間にも続々と人が入ってきました。 名物は、大島の味、べっこう! 私は定食を頼み、夫はべっこう丼を頼んでました。 つやつやのべっこう、ちょっとピリリとくる辛さもご飯が進みます。

f:id:akie1000:20150221230319j:plain

f:id:akie1000:20150221230149j:plain 出るときには外にも人が…

f:id:akie1000:20150221230209j:plain

f:id:akie1000:20150221230230j:plain ご、豪華…

f:id:akie1000:20150221230251j:plain こちらが、つやつやのべっこう。

16時半頃、今日の宿に到着。 18時から夕食だったので、私は昼寝。

f:id:akie1000:20150221230547j:plain 古旅館らしさ

f:id:akie1000:20150221230845j:plain お茶請けつき

f:id:akie1000:20150221230915j:plain

f:id:akie1000:20150221230600j:plain この雰囲気はとっても好きです。

f:id:akie1000:20150221230655j:plain 天井には手形まで!

夕食はこんな感じでした。 f:id:akie1000:20150221230524j:plain ボリューミー。アシタバの天ぷら美味しかったです。

宿のお風呂は利用せず10分ほど歩いたところにある温泉施設へ。 ここは大島温泉ホテルと違い、地元の人が多かったです。

f:id:akie1000:20150221230949j:plain 御神火温泉!

f:id:akie1000:20150221231112j:plain

f:id:akie1000:20150221231125j:plain お風呂から出たら、島内でよく売ってるアイスを食べました。

f:id:akie1000:20150221231157j:plain 牛乳!というよりミルク味。

帰りには猫さんに会いました。 f:id:akie1000:20150221231229j:plain

f:id:akie1000:20150221231244j:plain

2日目は以上です。 明日の天気予報は雨、温泉に出かけたときもぽちぽち降って来ましたが、天候が良くなることを祈ります。

明日はリス園などに行って来ます。 お楽しみに!